ハーレム厨

ハーレム厨とは、百合厨と同じで男の願望を抱えた人間のことである。
「気に入った女は全部自分の物にしたい」「他の男にはやりたくない」という考えだが
アニメとかそんなの関係なく男である以上、間違いなく持っている本能である。

【概要】
 ハーレム厨の特徴としては、ハーレム厨であることを他人に指摘されると
キレたり否定しようとする傾向がある。要は不名誉な性癖であることを認めている。
百合厨に比べるとプライドを捨てきれてないことが多いのである。
百合厨にも指摘されると「〇〇には男も出てる!」と噛みつく奴もいるけど。

 ハーレム扱いされるのを嫌がるので、「これは主人公とメインヒロインの恋愛物だ」
とか言い出すのだが、メインヒロイン以外の大勢のサブヒロインを無視してはいけない。
そしてそのサブヒロイン達は主人公以外の男とくっつくことが一切なく
主人公といい感じになるエピがあったり、片思いされたりしたらそれはもうハーレムなのである。

 もちろんそういう見苦しい真似はせず、堂々としたハーレム厨もいる。
「サブカプをたくさん見せられるよりはマシだし、取り巻きの女が後から出てきた男と
くっついたらそりゃ嫌でしょ…そんな作品見てイライラするよりはハーレムでいいじゃん。」
こういう精神でいるのが一番いい。本能に正直になればいいのである。

 ハーレム厨にも度合いがある。別にどれに該当したとしても心の根本は同じである。
特に「主人公がヒロインズの中から一人を選んでしまった」場合に主張が分かれる。
代表例は言うまでもなくソードアート・オンラインのキリト少年のことである。

・一つ目は「その場合、負けヒロインはもう解放して新しい愛を探させるべき」という考えである。
ただし「後になって別の男とくっつきました、みたいな描写はいらない」とすることが多く
あくまでも後の話は明確にしないまま終わらせるべきといった感じである。
この考えの人が一番多いのではないだろうか。もし負けヒロインズの一人が
他の男とくっつけられたらそのヒロインを応援してきた信者は悲しむだろうし
それまでの作品への愛が憎しみに変わる恐れもあるしで、合理的な考えと言える。
そのヒロインが勝てなかっただけで憎しみに変わる人も多いけど。

・もう一つは「負けヒロインはその後も主人公を諦めず独身でい続けろ」という考えである。
あんまりである。流石に鬼畜過ぎる。でもその本能を一切薄めない態度、否定はしきれない。
もしかしたら「たまにはまだ諦めてない負けヒロインと浮気したい」という欲があるのかもしれない。
ゲス過ぎて逆に清々しい。

 男としてのモラルに欠けているハーレム厨だが、二次の架空作品なんだし
それぐらいの欲ぐらいは許して欲しいものである。愛やときめきは一つじゃないのだから。




  • 最終更新:2019-07-10 19:44:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード